国宝・彦根城の桜のお花見情報!交通アクセスや駐車場は!

国宝・彦根城の桜

国宝・彦根城の桜は関西の人気お花見スポットランキングで常に上位です。

国宝・彦根城の桜が堀の水面や、櫓の白壁に映える様相は必見です。

国宝・彦根城の場所、交通アクセスと駐車場

滋賀県彦根市金亀町1-1

交通アクセス
【電車】JR彦根駅から徒歩15分

【車】名神高速道路彦根ICから約7分
駐車場は1000台分が確保されていて、料金400円/1回となっています。

国宝・彦根城の桜の例年の見頃

例年の見頃は4月1日 ~ 4月20日です。

また、2018年は2018年4月1日(日)~20日(金)の間に彦根城桜まつりが開催されました。

桜まつり期間中の18:00~21:00 内堀沿い(夜間は城内立入不可)はライトアップされ夜桜鑑賞も可能でした。
[問合せ先:彦根観光協会0749-23-0001]


国宝・彦根城のグーグルマップ


Sponsored Link

国宝・彦根城の開園・閉園時間

開園・閉園時間:8:30~17:00(彦根城の入山時間、内堀沿いの桜観賞は自由)


国宝・彦根城の料金・休日

料金:大人800円、小中学生200円(彦根城入山の場合)

休日:無休


国宝・彦根城の桜の特色は

滋賀県の琵琶湖畔を望む旧彦根藩主・井伊家35万石の彦根城は、往時の天守が現存する全国12城の一つで、国宝にも指定されています。

桜はお堀沿いを中心に約1200本あり、城を取り巻く二重の堀の水面や、櫓の白壁に映える桜が目を見張る美しさ。

4月1日(日)から20日(金)まで彦根城桜まつりと、夜桜のライトアップが行われ、夜間は照明に照らされ幽玄の世界となります。

他にも、3月中旬ごろからGW期間までは特産品やお花見弁当などを販売する、ご城下にぎわい市が開催されます。

Sponsored Link
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク